老人性イボクエン酸,老人性イボサリチル酸

クエン酸が効く?!老人性イボにはこれでしょ!ホントかウソか

クエン酸が効く?!老人性イボにはこれでしょ!ホントかウソか

 

 

 

 

「老人性イボ」がとれる!治る!

 

そんな見出しは簡単に見つけることができますよね。

 

 

イボ対策用の医薬品や内服薬、
化粧品類など情報はあふれていますよね。

 

 

ありすぎて、何がいいのかわからない。

 

 

こんなお悩みも多いはずです。

 

何を隠そう、私がその一人ですから。

 

 

悩んでいるのは、イボはイボでも老人性イボ。

 

イボには2種類あるんです。

 

 

 

イボとりには効果的なのに老人性イボには不向きなもの。

 

そんなわかりづらい治療法、少しだけご紹介しますね。

 

 

 

 

クエン酸でイボがとれる!?

 

 

この記事をご覧になった方は多いと思います。

 

 

わたしは、最初クエン酸で老人性イボを取ろうとしたんですよ。

 

 

で、深く調べてみたら老人性イボには不向きだということを知りました。

 

 

 

クエン酸でイボがとれるという記事には、
どんなイボに効くっていう情報が少ないんですよね。

 

 

クエン酸は、梅干しやレモンに含まれいる酸性の物質。

 

 

ポットの洗浄とかにも使いますよね。

 

 

クエン酸はドラッグストアやスーパーでも買える身近なものなので、
これで老人性イボが取れるならお手軽です。

 

 

クエン酸にひまし油を混ぜてイボ取りに使用したり、
重曹とひまし油を混ぜて使用したりと、
身近なもので効果があるという記事がたくさんありました。

 

 

 

クエン酸は、抗菌効果に優れ、
皮膚の消毒効果があるそうです。

 

 

重曹には、皮脂やたんぱく質を分解する効果があるようです。

 

 

ひまし油は酸性、
イボに炎症を起こさせ除去できるということです。

 

 

 

この方法、
イボはイボでも「ウイルス性イボ」の治療に向いているようですよ。

 

 

殺菌作用が強い酸性のものなので、
ウイルス退治に効果があるようですが、老人性イボは角質のかたまり。

 

 

首周りや顔などのデリケートな部分にできやすい事を考えると、
酸性の強い物質は、やっぱり付けるだけで怖い気もしますしね。

 

 

 

 

イボにはサリチル酸が効くの!?

 

 

これもよく目にしますよね。

 

サリチル酸配合のイボ取り薬と言えば、有名な「イボコロリ」

 

このベストセラー商品も、首イボに使用できません。

 

 

 

サリチル酸は強力な薬品なので、
イボだけではなく周囲の皮膚にも大きく影響します。

 

 

サリチル酸を一気に多くのイボに塗る行為などは、
肌への負担を考えると危険な行為でしかないようです。

 

 

健康な皮膚も溶かすほど強力なんです。

 

 

老人性イボには、
イボコロリなどのサリチル酸配合の薬品は使えません。

 

 

顔や首などの皮膚が
デリケートな部分には絶対使わない方がいいですよ。

 

 

 

 

わかりづらい治療法が溢れてます!

 

イボがとれる!
という情報だけですぐに使用を開始するのはかなり危険な気がします。

 

 

民間療法の中にも、
「ウイルス性イボ」には効くけど「老人性イボ」には効果なし。

 

 

こんなものがたくさんあります。

 

 

気を付けたいのは、
ウイルス性イボに効果があるものは、
それなりに強力な物質、成分だということですね。

 

 

老人性イボは、デリケートな皮膚まわりに
できることがほとんどなので、使うものは慎重に選びたいものですね。

 

       

 

老人性イボのケアなら!


ホーム RSS購読 サイトマップ